早稲田大学校友会 大和稲門会ホームページ

代議員会

2018年3月3日(土)春季代議員会

3 出席者 大和稲門会 宮崎、児浦代議員
 〇鎌田総長挨拶
 ・WASEDA150は成果を上げてきている
  グローバル化・現在7100人の外国人在籍
       ・学生の40%が在学中外国での学び経験
 ・地方出身者の入学は進まない 70%1都3県出身者
 ・今春受験者 117,200人(前年比2,226人)
 ・奨学金拡充 目指せ都の西北 半期授業料相当額に
 ・少人数・課題解決型授業への転換
 ・人生100年時代への対応 年間延43千人が早稲田で学んでいる
 ・158回芥川賞受賞者 石井遊香 本学法学部卒
            若竹千佐子 エクステンション9年間在籍
 ・早稲田歴史館 3/20オープン 1号館
 ・総長選挙 選挙人校友枠拡大(交友の意見反映)
 〇福田代表幹事挨拶
 ・一昨年 医師稲門会、昨年神官稲門会発足
  昨年中国稲門会設立、、韓国稲門会50周年
 ・冬季オリンピック 本学関係者活躍 羽生弓弦(人間科学部4年)
           渡部暁人(OB) 他学生2、卒業生7
 ・早稲田アリーナ 15億円校友会関係寄付(目標20億円)
 〇協議事項
 1.2017年度活動報告及び決算予想
  収入 726百万円(予算比531万円)支出 796百万円(予算比
  2,519減)早稲田アリーナ100百万円拠出の為収支差額△6,949
 2.2018年度活動計画及び予算編成承認の件
  収入 723百万円 支出 823百万円 1億円支出超過見込み
     早稲田アリーナ100百万円拠出の為
 〇報告事項(主要な分のみ記載)
  1、2017 稲門祭 決算 収入40,786千円、支出31,792千円
           差引8,994千円奨学金に寄付
  2、2018 稲門祭田中晃実行委員長挨拶
    テーマ「WASEDA DNA 私たちは同じ血が流れている」
    記念品 今年はブルーのネクタイ(紺碧)採用
  3.WASEDA’Shealth Study 登録者数4,542人(校友会員比1.07% 最終目標15,000人
  4、2018年度「早稲田大学演奏旅行企画」の実施について
   応援部や音楽サークルの現役学生が地方都市を訪問、演奏等のパフォーマンスを通じ早稲田をアピールするだけでなく地元の中高校生が早稲田大学学生やOB・OGと触れ合う機会を設け早稲田を体感してもらう
  2018年度 沼津(8月18日)浜松(8月19日)名古屋(8月20日) 主催 各地区稲門会
  5、給付奨学生の近況報告およびお礼
    商学部1年 吉田さおり 国際学生寮入寮 
  6、募金関係報告
    早稲田アリーナ募金 工事70%進捗 2019/3竣工予定
    総額150億円 校友会負担20億円 現在15億円 協力要請
    その他 NEWS RETTERに記載
  7、早稲田歴史館について チラシ配布
  8、大隈記念館江口館長挨拶
    ・会員の皆様に是非佐賀に来て会館を見学してほしい
    ・佐賀市の故郷納税への協力要請
 〇 質疑
  1、新総長の適任者についての鎌田総長の考え方
  近時財政・政治情勢厳しい折柄、政治からの突っ込みが厳しい
  ・対外的な対応力・評判
  ・学問的レベル
  ・校友会との連携
  2、校友会の高齢化に対する対応策 有効事例 
            以上

2017年9月30日(土)秋季代議員会

出席者:[大和稲門会] 、宮崎、児浦両代議員 
 〇鎌田総長総長挨拶
  ・大学の現況 ・英国の格付け会社(評価の指標 卒業生の活躍、
   企業との連携の取組他)格付け26位、国内3年連続私大1位
   (全体では東大に次ぎ2位) ;
  ・多様な学生の受け入れ:留学生は7200人と順調、地方からの学生受け入れは
   年々減少。奨学金の充実。
  ・課題解決型授業への切替え、少人数制教育への切替え
 〇福田代表幹事 校友会組織の現状
    ・女性会員の増加を図ることが課題、代議員も今はほとんどみられない。
    ・海外稲門会の設立推進
 ○議題
 (協議事項)
 1、2016年度決算承認の件
  収入合計977百万円(予算比2M)
  支出合計703百万円(予算比10M減)
  次期繰越積み立て274百万円(予算比12M増加)
 2、推薦校友候補者、3、校友会幹事交代 1,2,3いずれ承認
 (報告事項)
 ・2017稲門祭について 西村実行委員長より説明
   稲門会員企業ほかより 230か所の景品(福引用)
   広告協賛 144先 770万円
   稲門祭記念品による奨学金20百万円
 ・早稲田カードの報告・加入のお願い
 ・WASEDA Health Study 研究成果報告スポーツ科学部樋口教授
  スポーツ健康部門研究成果 国内トップの評価
 ・募金関係報告とお願
  ・早稲田アリーナ募金のお願い 建設費総額150億円、内20億円
   募金に依存、現在12億円
   個人の寄付が団体(各稲門会等の実績にダブルカウント)
  ・早稲田文化募金が新たにスタート 早稲田歴史館(2018/3開 館)早稲田大学
   コレクション等に充当
  ・早稲田入学前予約奨学金スタート(紺碧の空奨学金の増強)
(質疑・要望)
 1、学芸員育成講座の廃止についての改善を求める
 2.司法試験合格者の低下 5位に下落、合格率25%(低水準) 
   (合格者慶応トップ合格率50%強)理由と改善策
   司法大学院制度創設まではトップ
  (総長)現状でも早稲田法学部卒業生は全国トップ、但し大学院
      は国立、慶応、中央に進学。
      他校は大学院2年、早稲田は3年、他校優秀な学生は優遇
      今後早稲田も改善を図っていく。

2017年3月4日(土) 春季代議員会

出席者:[大和稲門会] 、村岡副幹事長、児浦副事務局長 
 〇鎌田総長総長挨拶
  ・大学現況 英国格付会社格付け 26位 国内1位(前年同様)
   外国からの留学生5400人。今年の受験者数114千人(対前年
  106.4】6年振り前年を上回る。地域貢献型入試状況説明
  ・国会で問題になっている文科省OB採用問題(文書配布)
   ・再就職等規制に関する本学の認識不足があった旨釈明
   ・スーパーグローバル大学支援事業の採択と前記採用問題とは         次元の異なる問題、関係しているかのような議論は誤り。
 〇福田代表幹事 校友会組織の現状 1400の組織。医師稲門会
   に次いで今年神主の稲門会設立
   ・今般の直木賞 恩田陸氏(訪問)前々回の青山氏に次ぐ
   ・校友会の今後 若返り、女子化、海外交流(海外出身者による    現地での稲門会設立)等の推進
 〇.議事
 (協議事項)
 1.早稲田アリーナの支援の件 2015年度繰越金245百万円に内から
  200百万円を寄付(2017100M,2018100M)
 2.2016年度活動報告及び決算予想
  収入合計 716M  支出合計705M 収支差額10.6M
 3.活動計画及び予算編成
  収入合計 721M, 支出 821M(うちアリーナ拠出金100M
 4、推薦校友候補承認(2名)
 5、校友会規則、規定改正
  ・準会員として学部在籍者のほか大学院在籍者追加
  ・副代表幹事の職務、選出方法追加
 (報告事項)
 1,2016 稲門祭決算 
  収入42.8M,支出32.6M 収益金(奨学金寄付)10.2M
 2,2017 稲門祭について 西村修一実行委員長挨拶
  [WASEDA for all ,all for WASEDA]
   今、青春の回想と新たな出発
 3、校友会給付奨学生(内山君)の近況報告及びお礼
 
 〇質疑
 1、文科省OB野採用慎重な対応の要請 
 2、地方学生受験者増加の為地方での受験検討要請
  総長回答(下記の方法が考えられる、今後の検討課題)
  ・各学部同一試験にすることで対応可能
  ・センター試験結果だ合否の判定
  ・指定校制度の検討

画像をクリックすると大きな画像で見られます

大隈講堂前代議員幹事鎌田総長福田代表幹事
西村稲門祭実行委員長稲門祭パンフレット表稲門祭パンフレット裏給付奨学生内山君

2016年6月25日(土) 臨時代議員会

出席者:[大和稲門会] 宮崎事務局長,村岡副幹事長,児浦副事務局長
今回は、役員任期が4年の満期を迎えることに伴い役員選任のため開催。
 全国の代議員1,281名(うち882名再選)はすでに決定。当稲門会からは横澤、宮崎、村岡、児浦の4氏が引続き任命。
 校友会長の鎌田総長の挨拶に続き議事に入る。
 <協議事項> 
 1、本部役員として幹事54名、会計幹事2名 代議員会承認
 2、代表幹事任命、引続き福田秋秀氏承認
 3、常任幹事選任(代表幹事が指名)
 4、副代表幹事2名選任(萬代晃氏、菊地哲栄氏)
 5、校友会規則改正 従来なかった副代表幹事を指名できる旨改正
  引続き代表幹事に任命された福田秋秀氏より挨拶。
 <報告事項>
 1、2016稲門祭について 長門至実行委員長より挨拶 参加の呼び   かけ並びに記念品の販促要請 目標25M、進捗11,4M
 2 WASEDA'S heaith sutudy への参加呼びかけ。樋口教授から
   プレゼンテーションあり。
  その前に、関連映像としてNHKのクローズ現代(2015年11月11  日放送 「座りすぎが病を生む」が放映される
 3、新記念会堂の募金呼びかけ、名称公募 他
 <質疑・要望>
 1、稲門会活動の中に地域貢献活動をもっと盛り込むべき
 2、東京オリンピックへの協力促進。組織委員会と連携し協力呼び  かけ
 3、大学の敷地は大学設置前は病院(松本良順)のあったところで
   医学は縁が多いとの事

 

大隈講堂前会場風景鎌田総長
福田代表幹事挨拶長門至2016稲門祭実行委員長新役員

2016年3月5日(土) 春季代議員会

出席者:[大和稲門会] 横澤幹事長,村岡副幹事長,児浦副事務局長
鎌田総長挨拶(大学の近況報告)
1,医師稲門会発足
2,英国の格付け会社による早稲田大学の格付け 世界で31位、日本国内1位の評価
3,海外からの留学生 5千人を超える、海外への留学生3千人
4,今年の入学志願者 108千人(対前年104.4)9年ぶり増加
福田代表幹事
1,記念会堂 2019秋竣工、建設費150億円、校友会20億円確保目標
2,大隈重信演説集を作成、今後の卒業生に配布
協議事項
1,2015年度活動報告及び決算予想 (承認)
2,2016年度活動計画及び予算編成の件(承認)
3,推薦校友会候補承認、校友会規則改正(承認)
4,2016年代議員・商議員改選(承認)
 代議員75歳まで、商議員80歳まで(原則)
 神奈川選出 99名から90名に減員
報告事項(主要なもの)
・2015稲門祭報告 収入39,922千円 奨学金への寄付11,100千円
・2016稲門祭について 長門実行委員長挨拶
・給付奨学生のお礼・近況報告
質問、要望等
 早稲田カレンダーの配布要望、希望者には全員配布する
 文科系校友会への支援 音楽系には実施予定(グリークラブ等)
 当大学教授等のテレビ出演等の積極化(広報戦略の見直し)
 美術・芸術品等の積極的開陳(博物館等)
  佐賀の大隈記念館館長挨拶
今後の代議員会予定
 6/25 臨時代議員会 10/8 秋季、3/4 春季代議員会

画像をクリックすると大きな画像で見られます

代議員会役員鎌田総長福田代表幹事
大和稲門会3名大隈講堂前にて懇親会風景

2015年9月26日(土)秋季代議員会 

出席者:[大和稲門会]村岡、児浦
鎌田総長からの大学の近況報告
1、今年入学生 27/4 12,400 27/10 800 卒業生より若干減
2、文科省化学研究助成事業新規採択件数 10分野第一位(全国大学7位、私立大学1位)
3、スポーツ 野球6大学6季ぶり優勝、全日本優勝
       世界水泳選手権 本校学生。OB 金メダル3個獲得
       星奈津美、瀬戸大也、渡部香生子
4、早稲田小劇場どらま館オープン
  記念会堂立替工事着手
協議事項 
1.2014年度決算承認の件(承認)
2.推薦校友候補者承認の件(提案通り承認となった)
3、校友会規則改正の件(提案通り承認となった)
4.校友会幹事交代の件(提案通り承認となった)
報告事項
1.校友会幹事交代について(教職員)
2.賛助代議員名称贈呈について
3.代議員・支部長等異動について
4.2016年改選の件
5.2015稲門祭について 実行委員長より説明
新記念会堂 募金日の支援のお願い 総工費150億円、
   うち、校友会依頼 20億円 2019年完工予定

画像をクリックすると大きな画像で見られます

大隈講堂前児浦代議員村岡代議員
校友会幹事福田代表幹事と鎌田総長中西千可子稲門祭実行委員長

  資料:ここ

2015年2月28日(土)春季代議員会 出席者:横沢、村岡

協議事項
1.2014年度活動報告および決算予想の件(承認)
2.2015年度活動計画および予算編成の件(承認)
3.推薦校友候補者承認の件(提案通り承認となった)
4.校友会幹事交代の件(提案通り承認となった)
報告事項
1.校友会幹事交代について(教職員)
2.賛助代議員名称贈呈について
3.代議員・支部長等異動について
4.2014稲門祭決算について
5.2015ホームカミングデーについて
6.2015稲門祭について
7.校友会給付奨学生による近況報告および御礼
8.WASEDA'S Health Studyについて

代議員会当日資料 ※公開中
つぎの期間にWEB上でご参照ください。
        (資料性質上、期間限定の非公開URLです)
閲覧期間  2月26日(木)12:00~3月25日(水)17:00
閲覧 URL  http://www.wasedaalumni.jp/fun/daigiin.html
''''画像をクリックすると大きな画像で見られます''''

大隈公と講堂横沢・村岡代議員鎌田薫総長岡浩一朗氏中西千可子実行委員長大和:横沢・村岡、藤沢:三潴・酒井代議員

  • '過去の代議員会'ここをクリック''
    • ''''画像をクリックすると大きな画像で見られます''''

      ・2014年9月27日(土)秋季代議員会 出席者:児浦、村岡

      討議事項
      1.2013年度決算承認の件(承認)
      2.早稲田カードの一般カード本人会員年会費の無料化サービスの件
        ( 提案通り承認となった)
      3.教職員校友の適用範囲の件
        (提案通り承認 となった)
      4.推薦校友候補者承認の件
        (提案通り承認 となった)

      報告事項
      1.Vision150特別委員会設置の件
        (提案通り承認      となった)
      2.賛助代議員名称贈呈の件
        (提案通り承認      となった)
      3.代議員・支部長等異動の件
      4.校友会名簿作成・閲覧・販売サービス廃止の件
        ( 提案通り廃止 となった)
      5.2014稲門祭の件

      依頼事項
      1.WASEDA'S Health Studyへの協力の件
       参加者が極めて不調、参加要請ありました。

      懇親会
        議事終了後 大隈ガーデンハウス2階にて
      次回以降開催予定
         春季代議員会 2015年2月28日(土)
         秋季代議員会 2015年9月26日(土)

      会場 大隈講堂代議員役員
      鎌田総長藤沢・大和代議員

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional